日本福音キリスト教会連合

インマヌエルの主

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2022年4月から「上水めぐみキリスト教会」の牧師。 サイクリングやジョギングが趣味。

イザヤ書7章1~14節 (小山 敦史 師)

聖書イザヤ書7章1~17節

ウジヤの子のヨタムの子、ユダの王アハズの時代、アラムの王レツィンと、イスラエルの王レマルヤの子ペカが、戦いのためにエルサレムに上って来たが、これを攻めきれなかった時のことである。
ダビデの家に「アラムがエフライムと組んだ」という知らせがもたらされた。王の心も民の心も、林の木々が風に揺らぐように揺らいだ。
そのとき、主はイザヤに言われた。「あなたと、あなたの子シェアル・ヤシュブは、上の池の水道の端、布さらしの野への大路に出向いて行ってアハズに会い、彼に言え。
『気を確かに持ち、落ち着いていなさい。恐れてはならない。あなたは、これら二つの煙る木切れの燃えさし、アラムのレツィンとレマルヤの子の燃える怒りに、心を弱らせてはならない。
アラムは、エフライムすなわちレマルヤの子とともに、あなたに対して悪事を企てて、
「われわれはユダに上ってこれを脅かし、これに攻め入ってわがものとし、タベアルの子をその王にしよう」と言っているが、神である主はこう言われる。
それは起こらない。それはあり得ない。
アラムのかしらはダマスコ、  そのダマスコのかしらがレツィンだから。
──エフライムは六十五年のうちに、  打ちのめされて、一つの民ではなくなる──
エフライムのかしらはサマリア、そのサマリアのかしらがレマルヤの子だから。
あなたがたは、信じなければ  堅く立つことはできない。』」

主はさらにアハズに告げられた。
「あなたの神、主に、しるしを求めよ。よみの深みにでも、天の高みにでも。」
アハズは言った。「私は求めません。主を試みません。」
イザヤは言った。「さあ、聞け、ダビデの家よ。あなたがたは人々を煩わすことで足りず、私の神までも煩わすのか。
それゆえ、主は自ら、あなたがたに一つのしるしを与えられる。見よ、処女が身ごもっている。そして男の子を産み、その名をインマヌエルと呼ぶ。

聖書 新改訳2017©2017新日本聖書刊行会

この記事を書いている人 - WRITER -
2022年4月から「上水めぐみキリスト教会」の牧師。 サイクリングやジョギングが趣味。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 上水めぐみキリスト教会 , 2021 All Rights Reserved.